梅の花が咲いています
空の青と 梅の濃ピンクの配色がとても好きです

フジ子へミングのCDばかりを聴いていたら
彼女がどんな人なのか もっと知りたくなって
有名になるきっかけとなった
NHKで放送された番組のDVDを買ってしまいました。
下北沢のご自宅が それはほんとうに素敵で素敵で
もう4度も見なおしました。
まさに理想のお家です。
見ながら 首のかしげ方や歩くときの揺れ方が
誰かに似てるなあとずっと考えていたら
3度めくらいで あの娘だ と判明しました。
自分の足で力強く立ってるあの子 と
人生の様々を乗り越えてしっかり立ってるフジ子さんが重なりました。
わたしの中ではいい意味なんだけど 本人には一応内緒にしとこう
演奏会の衣装なども 
独自の工夫を ちょっ と加えていたりと
ほんとうにかわいらしい。
少女のような人だな
そんなところにとても影響を受けて 手芸欲も
高まりました。
仕事もそっちのけでつくったのがこれ

カード入れのがま口
金色の糸で 縫いとじたトリは
とてもぶさいくですが気に入っています。

(猫のしっぽが写り込んでいます)
針刺しのりすくん
律儀にも刺され お役目を遂行
プチミュゼさんにすすめていただいた
国立の鍼治療院へ行きました。
鍼治療 ずっとやってみたかった!のですが
小学生のように身体が軽くなります。
す ご い
二重とび、とかできそうだ
精神のつかれはなかなかとれないみたい 
しばらく通うことになりましたが
国立って 喫茶店のレベルが高いのでとても好きです。
用事がないとなかなかいかない街なので うれしいことです。
こないだは 
ロージナ茶房で 偶然国立に来ていた友達に遭遇してびっくり。
暗い店内 あまりにびっくりしていたのとで
わたしは友達の恋人に 幽霊と間違えられたようです。
(幽霊に間違われたのは 3度めです)
そして邪宗門 国立店は初体験。
シャンソンがかかる店内
年末から思いを寄せていた 
ピアフのnon regret rienが2度も流れました。
映画のDVD発売記念かもしれない。
店内は わたしの西荻喫茶三本柱のひとつ
物豆奇 に少し似ていました。
かわいいギャルがサーブしてくれてびっくりしたけれど
不思議と雰囲気にぴったりきていました。
ピンク色の髪をしたマスターのおじいさんがいらして
(或いは緑色、だったかもしれない)
帰り際 何度もお礼の言葉をもらいました。
素敵なお店。